満3歳児の入園を希望されている方へ

●満3歳児保育の意味

 誕生から1,2年の乳幼児にとって、お母さんと楽しい時間をもつことは、何ものにもまして重要なことです。この経験が少年期から青年期にかけて、健やかに成長する礎となります。乳幼児とお母さん(もしくはそれに代わる人)との間の愛着を通して、情緒の安定・信頼などの感情が育まれると共に、脳の発達も促されます。
しかしながら2歳後半から3歳になりますと、家庭内だけでは不十分で、お母さんを母港として、まさに旅に出ようとする発達段階にあります。
お友達との触れ合い、家族以外の人との触れ合いを求め、家族だけではなく社会に目が開かれてくる。満3歳児保育の意味は、まさにここにあります。

●入園受付までの手順

満3歳児保育とは、満3歳児の誕生を迎えた時点で、4月を待たずに入園できる制度です。

★受付

希望の方はお気軽に御相談下さい。
満3歳児用の入園希望届け をお渡ししますので、記載の上提出下さい。

★手順

定員上、入園可能の場合でも、子供が無理なく幼稚園生活に馴染めるように、次の手順を踏みます。

  • 満3歳の誕生日の少し前に、お子さんをつれてお越し下さい。

  • お子さんが ある程度の基本的な生活習慣を身につけているかなど 保護者の方からお聞きします。

  • 総合的に考えながら、保護者の方と話し合いの上で、無理なく幼稚園生活に馴染むことが出来る入園時期を決めていきます。

●保護者への補助金や経費など

満3歳児にも、3,4,5,歳児と同じ補助金が出ます。
補助金や経費については、入園案内をご覧下さい。 

●満3歳児の入園は 満3歳の誕生日後になります。

それまでは就園前2歳児の芽生え教室の入会も選択肢の一つとしてご検討下さい。